終活と葬儀に関する希望

千葉ならではの葬儀情報

千葉で多様化する葬儀、希望を書きとめるツールとしてエンディングノートも活用しておきたい

千葉ならではの葬儀情報メインimage

終活と葬儀に関する希望

千葉でも葬儀に関する考え方が多様化しさまざまなお別れの仕方があり選択肢が増えてきました。

コストを低く抑える、小規模葬儀にする、家族葬などの密葬などは珍しくなくなっています。

一方では故人の希望に沿った葬儀にこたえるべく、葬家が葬儀社と打ち合わせをしながらオリジナルの葬儀を行う、葬儀のオーダーメイド化も千葉で進んでいます。

故人が生前生きた人生を彷彿とさせるような葬儀を行いたいという希望を持つ葬家は、故人が好きだった花、良く聞いていた音楽などを取り入れ、集まった人に最期のお別れの場所を設けます。

こうしたオーダーメイドの葬儀のスタイルは、故人の希望を叶えてあげることができたという葬家の安堵感につながる部分があります。

葬儀はコース料金、パック料金で済ませるというのもひとつの考え方です。

その方が価格面でもムダがないというケースもあるでしょう。

流れ作業のように葬儀を行われたことで後悔したという人にとっては、葬儀をコース料金で行うのは否定的な人もいます。

終活という言葉が定着し、自分の葬儀やお別れ会に関して希望を残すことが一般化してきたことも葬儀の多様化の流れのひとつです。

終活を行う人たちの中には、自分の親世代の葬儀を出した経験から反省点をふまえて、自分の葬儀に関する希望を固める人も少なくありません。

自分らしいさよならの形を考え、元気なうちに準備をしておこうというのが終活です。

★Pickupリンク→広まる終活、最期の時までにやるべき5つのこと|JIJICO

エンディングノートは遺言のような法的な効力はないものの、葬儀に関しての希望を書きとめておくには便利なツールです。

日頃から思いついたことを書き留めておくと、自分の希望通りの葬儀が実現しやすくなります。

Google
www を検索 千葉ならではの葬儀情報を検索
(C) www.yarmulkebra.com. All Rights Reserved.